日本動脈硬化学会は6月30日、5年ぶりの改訂となる『動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版』を発行した。絶対リスクの評価に吹田研究の成果を採用したことが最大の特徴で、臨床現場での利用を促すため吹田スコアを算出するアプリも公開した。

『動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017』発行の画像

ログインして全文を読む