厚生労働省の「第13回医道審議会保健師助産師看護師分科会看護師特定行為・研修部会」が6月26日に開催され、特定行為研修を担う指定研修機関や受講者の確保、制度の認知度向上のための方策について議論した。研修機関を増やすためルールを見直すほか、研修体制の整備に向けた計画を2018年度に始まる第7次医療計画に盛り込む方針が示され、了承された。

看護師特定行為研修、制度見直しに向け検討への画像

ログインして全文を読む