日本小児アレルギー学会は2017年6月16日、「鶏卵アレルギー発症予防に関する提言」を発表した。提言では、アトピー性皮膚炎の患児には、鶏卵アレルギーの発症を予防するため、生後6カ月から医師の管理下で鶏卵の微量摂取を開始することを推奨。これは、アトピー性皮膚炎の乳児では、鶏卵の摂取が遅いほど鶏卵アレルギーを発症するリスクが高まるというエビデンスに基づいている。

鶏卵アレルギー発症予防に「生後半年から鶏卵の微量摂取を」の画像

ログインして全文を読む