「低体重者では経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)の結果が過大評価になっている可能性がある――」。糖尿病既往のない健診受診者1万2000例あまりを対象とした横断解析と、初回OGTTで耐糖能異常(IGT)と判定された人の糖尿病発症を追跡した縦断解析の結果から、第60回日本糖尿病学会年次学術集会(5月18〜20日、開催地:名古屋市)で伊那中央病院(長野県伊那市)内科の佐久間孝弘氏らは、こう指摘した。

低体重者のOGTT、血糖上昇は生理的反応を含むの画像

ログインして全文を読む