「酸味が嫌い」と話す糖尿病患者では、BMIとHbA1cが高い傾向にあることが分かった。第60回日本糖尿病学会年次学術集会(5月18日〜20日、開催地:名古屋市)で、医療法人社団糖和会おない内科クリニックの羽鳥洋子氏らが発表した。

「酸味が嫌い」な患者のBMIとHbA1cは高いの画像

ログインして全文を読む