4月29日まで横浜市で開催された第117回日本外科学会定期学術集会で会頭を務めた桑野博行氏(群馬大学病態総合外科学教授)は、「外科学の臨床と研究から垣間みられたこと―考える外科学の実践― 」をテーマに会頭講演を行った。桑野氏は、「全員で全例をみる」をコンセプトにしたカンファレンスをはじめとする「4段階カンファレンス」や、インフォームドコンセントの質向上に努めていることなど、群馬大学改革のための取り組みを一つひとつ紹介した上で、講演最後にAmerican College Of Surgeonsの行動規範の中から「Trsust is built brick by brick」という言葉を紹介。「これは大変重い言葉で、れんがを一つひとつを積み上げていくことでしか

会頭・桑野氏「一つひとつれんがを積み上げ信頼を得ていく」の画像

ログインして全文を読む