群馬大学学長特別補佐(病院改革)で病態腫瘍薬理学教授の西山正彦氏は、同病院で発生した一連の医療事故について、「提言を基に改革を行い、現在は取り組みを改良・浸透させている段階。信頼を得るためにようやく次のステップに入った」と話した。4月29日まで横浜市で開催された第117回日本外科学会定期学術集会で講演した。

「トップクラスの安全目指し、群大は次の段階へ」の画像

ログインして全文を読む