群馬大学学長の平塚浩士氏は4月27日に横浜市で開幕した第117回日本外科学会定期学術集会で講演し、同病院で発生した一連の医療事故について開口一番、「腹腔鏡手術などの医療事故によって患者・ご家族はもとより、医療に携わる皆さま方に多大なるご迷惑とご心配をおかけしたことをお詫び申し上げる」と語った。

群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」の画像

ログインして全文を読む