東京都は4月7日、都内に住む生後5カ月の男児が乳児ボツリヌス症で死亡したことを明らかにした。国内で同症に関する記録が残っている1986年以降、初めての死亡例という。男児は発症する1カ月ほど前から、離乳食としてハチミツを混ぜた市販のジュースを習慣的に飲んでおり、そのハチミツが乳児ボツリヌス症の原因と推定されている。

乳児ボツリヌス症で男児死亡、1カ月間離乳食にハチミツの画像

ログインして全文を読む