制度スタートから1年半が経過した医療事故調査制度について、第三者機関である医療事故調査・支援センターはこのほど、収集された院内事故調査報告書を基に分析を行い、初となる再発防止策を提言した。最も報告数が多かった「中心静脈穿刺合併症に係る死亡」をテーマに分析している。センターとして指定されている日本医療安全調査機構が4月5日に公表した。

医療事故調、センターが再発防止策を初提言の画像

ログインして全文を読む