日本臨床救急医学会は4月7日、「人生の最終段階にある傷病者の意思に沿った救急現場での心肺蘇生等のあり方に関する提言」を公表した。提言では、119番通報で出動した救急隊が、現場で心肺停止状態にある終末期患者に遭遇し、その患者が心肺蘇生を希望していないとみられる場合の対応手順などが示された。

心肺蘇生拒否者への蘇生中止は都度医師に確認をの画像

ログインして全文を読む