臨床研究における不正を防止するための「臨床研究法」が7日、参院本会議で可決、成立した。同法は臨床研究の透明性を確保するため、研究の実施者には研究計画の提出を、製薬企業には資金の提供状況の公開などを義務付けている。

臨床研究法が成立、資金提供の公開を義務付けの画像

ログインして全文を読む