厚生労働省は3月31日、大幅に改定した「血液製剤の使用指針」を関連機関に通知した。同使用指針は、日本輸血・細胞治療学会による「科学的根拠に基づく輸血ガイドライン」に沿って全面的に改定されたもので、副作用や合併症を生じる血液製剤の危険性を認識した上での適正使用を強く求めている。

血液製剤の適正使用を求める使用指針を通知の画像

ログインして全文を読む