心房細動患者の脳梗塞を予防する左心耳閉鎖デバイスWATCHMANの留置後に生じるデバイス血栓(DRT)には、CHA2DS2-VAScスコアおよび留置位置が関連していることが明らかになった。第81回日本循環器学会学術集会(3月17〜19日、開催地:金沢市)で、ブランデンブルク心臓病センターの金子英弘氏らが報告した。

左心耳閉鎖デバイス、深部への留置で血栓が増加の画像

ログインして全文を読む