虚血性脳血管障害患者を対象とした抗血小板薬であるプラスグレルの国内第3相臨床試験の結果が報告された。75歳未満および体重50kg超の患者を対象としたPRASTRO-I試験では主要評価項目を達成せず、また75歳以上または体重50kg以下の患者を対象としたPRASTRO-II試験では評価項目を達成した。前者については国立循環器病研究センターの山上宏氏が、後者については九州大学の北園孝成氏が、それぞれSTROKE 2017(3月16〜19日、大阪開催)で発表した。

PRASTRO-I、PRASTRO-IIの試験結果が発表されるの画像

ログインして全文を読む