心房細動を合併した冠動脈疾患の患者に対するインターベンション治療(PCI)後の経口抗凝固療法は、ワルファリンよりも非ビタミンK拮抗経口抗凝固薬(NOAC)の方が特に安全性の点で優れていたと、茨城西南医療センター病院循環器内科の秋山大樹氏らが第81回日本循環器学会学術集会(3月17〜19日、開催地:金沢市)で報告した。

DAPT併用にはワルファリンよりNOACが安全の画像

ログインして全文を読む