脳卒中、心不全、心筋梗塞などの循環器疾患を予防するためには、若い時期からの生活習慣改善が重要になる。3月17〜19日に金沢市で開催された第81回日本循環器学会学術集会の会長特別企画のシンポジウムにて、若者への循環器疾患予防の啓発推進を目標とする「金沢宣言」が公表された。

若者に対する「循環器疾患の予防」の啓発をの画像

ログインして全文を読む