3月12日の改正道路交通法施行を前に日本医師会がまとめた『かかりつけ医向け 認知症高齢者の運転免許更新に関する診断書作成の手引き』について、日本医師会常任理事の鈴木邦彦氏が「かかりつけ医の先生は無理のない範囲で診断書作成に対応してほしい。その際には今回作成した手引きを参考にしてほしい」と会員に呼びかけた。3月8日の定例会見で話した。

改正道交法絡みの問題は「日医がバックアップ」の画像

ログインして全文を読む