労働者健康安全機構はこのほど、「がんに罹患した労働者に対する治療と就労の両立支援マニュアル」をまとめた。全国の労災病院で集積された癌患者の就労支援のノウハウを他の医療機関でも活用できるようにした。癌患者の就労を支援する「両立支援コーディネーター」だけでなく、主治医にも最低限知っておいてほしい注意点を示しているのが特徴。巻末には、患者の不安や心配などを把握する際に役立つような問診票を収録している。

医療者も使える『癌患者の就労支援マニュアル』の画像

ログインして全文を読む