原因不明の消化管出血に対してカプセル内視鏡検査を行って責任病変が確認できなかった場合、ダブルバルーン内視鏡検査よりもカプセル内視鏡の再検査を行う方が、病変検出率が高いことが示された。2月17日から名古屋市で開催された第13回日本消化管学会総会学術集会で大阪市立大学消化器内科学の大谷恒史氏が発表した。

病変が見つからない原因不明の消化管出血の再検査はカプセル内視鏡での画像

ログインして全文を読む