胃癌予防において、Helicobacter pylori(以下、ピロリ菌)の感染検査は重要である。2月17〜18日に名古屋市で開催された第13回日本消化管学会総会学術集会で日本大学消化器肝臓内科学の岩本真帆氏は、若年者に対するピロリ菌スクリーニング検査においては、簡便な迅速尿中抗体検査が十分に有用であることを報告した。

若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗体検査での画像

ログインして全文を読む