小児の腹部症状患者に対し、質問票を用いて病状の評価を行ったり、超音波を用いた胃十二指腸運動機能検査(以下、機能検査)を実施した結果は、患児が訴える症状と乖離するケースが多いことが示された。川崎医科大学総合臨床医学の楠裕明氏が、2017年2月17〜18日に名古屋市で開催された第13回日本消化管学会総会学術集会で発表した。

小児の腹部症状患者は主訴と検査結果の不一致率が高いの画像

ログインして全文を読む