難病の炎症性腸疾患であるクローン病に対し腸切除を繰り返すと、短腸症候群に伴う栄養素や水分の吸収不良を来す恐れがあると指摘されている。

クローン病は狭窄形成術で9割超が5年開存を維持できるの画像

ログインして全文を読む