過敏性腸症候群(IBS)は、病態生理が多様であり、有効な治療法を検討するためには多因子を評価する必要があること、治療抵抗性を示す患者が少なからず存在することなどが課題となっている。2017年2月17〜18日に名古屋市で開催された第13回日本消化管学会総会学術集会のワークショップ「炎症性腸疾患と過敏性腸症候群の薬効評価の新展開」の中で、IBS患者の食生活や腸内細菌叢といった病態生理に関する検討や、治療抵抗性因子の解析結果が報告された。

過敏性腸症候群のリスク因子は?の画像

ログインして全文を読む