茨城県立中央病院や福井県立病院、筑波大学の研究施設などのホームページが、何者かによって改ざんされたことが分かった。政府のサイバーセキュリティ戦略本部で副本部長を務める丸川珠代五輪担当相が6日、首相官邸で明らかにした。改ざんされたホームページは全て「ワードプレス」というソフトウェアを用いて作成されており、このソフトウェアに脆弱性があったためハッカーの攻撃対象になったという。

病院や研究施設のホームページが改ざん被害にの画像

ログインして全文を読む