薬剤の名称が類似していることで発生する「薬剤のとり違え」が、注意喚起後も再発しているため、日本医療機能評価機構は12月26日、「医療事故情報収集等事業 第47回報告書」を公表し、再度注記喚起を行った。

いまだなくならない「薬剤取り違え」に注意喚起の画像

ログインして全文を読む