日本外来小児科学会は12月12日、同学会に所属する会員の3人に1人がMRワクチンの供給について「注文しても必要な本数が納品されない」と感じていることを明らかにした。MRワクチンの供給が順調ではないという会員の声を受けて、学会が「MRワクチンの供給状況に関する緊急調査」を実施した。回答者数は309人。

MRワクチン、小児科医の3分の1が「足りない」の画像

ログインして全文を読む