今年4月、手術中に患者に掛けられていたドレープに火が付き、患者が熱傷を負う事故が起きていた東京医科大学病院(東京都新宿区)は10月28日、外部調査委員による検証が完了したことを受けて、報告書を公表した。

術中レーザーメス熱傷、出火原因は「腸内ガス」の画像

ログインして全文を読む