ノーベル生理学・医学賞の受賞が決まった東京工業大学大隅良典栄誉教授は、2016年10月3日深夜、日経バイオテクの単独インタビューに応じた。大型化、出口志向が強まっている国内の公的研究費の配分について、「研究費の絶対額が不足している」などと自らの考えを語った。

「このままでは日本のサイエンスはダメになる」の画像

ログインして全文を読む