入院患者2人が界面活性剤によって相次いで中毒死したと報道されている大口病院(横浜市神奈川区)の担当弁護士が9月30日、本誌の取材に応じ、院長の高橋洋一氏が本事件について「患者・家族や病院職員も不安に感じ、ストレスが掛かっているので、1日も早く犯人を逮捕してほしい。そのために今後も捜査に協力する」とコメントしていることを明かした。

大口病院院長「1日も早く犯人を逮捕して」の画像

ログインして全文を読む