これまで腰痛症のうち、原因を特定できるのは20%程度だと言われてきたが、専門医が丁寧に診察を行えば、80%で腰痛の原因部位を特定できることが報告された。山口県の整形外科を受診する患者の実態を検討した「山口県腰痛study」で明らかになった。山梨県甲府市で9月2〜3日にかけて開催された第24回日本腰痛学会で山口大学整形外科の鈴木秀典氏が発表した。

丁寧な診察で腰痛症の8割は原因を特定できるの画像

ログインして全文を読む