新潟市民病院(新潟市中央区)に臨時職員として勤務していた30歳代の女性医師が自殺したのは、「過重労働が原因」であるとして、遺族が8月17日、新潟労働基準監督署に労災認定を申請した。代理人によると、時間外労働時間は4カ月連続で200時間を超え、勤務開始から9カ月間の月平均時間外労働時間は190時間を超えていた。

女性医師が自殺、「過重労働が原因」と遺族が労災申請の画像

ログインして全文を読む