厚生労働省医政局研究開発振興課は7月28日、認定再生医療等委員会の設置者に対し、「がん免疫細胞療法と免疫チェックポイント阻害薬との併用について(注意喚起)」とする事務連絡を発出した。同時に「再生医療等を治療として行う際の妥当性の考え方について」とする事務連絡も合わせて発出した。

ニボルマブと癌免疫療法の併用で死亡例の画像

ログインして全文を読む