千葉県立病院の6つの病院で行われている医師らの宿日直は、少なくとも10年間、労働基準監督署の許可を得ない状態で続けられていたことが分かった。千葉県によると、これまで幾度となく労基署に許可申請をしてきたが、「深夜の業務が軽い業務とは言えない」などの理由で認められなかったという。

「無許可での宿日直」常態化、千葉県立6病院での画像

ログインして全文を読む