日本臨床腫瘍学会は7月13日、非小細胞肺癌患者にニボルマブを投与後にEGFR-TKIを投与したところ、両剤の影響が否定できない間質性肺炎(ILD)が複数報告され、死亡例があると注意喚起を行った。

ログインして全文を読む