ヒト型抗ヒトTNFαモノクローナル抗体製剤ゴリムマブによる寛解維持治療は、ゴリムマブの寛解導入治療で効果のあった中等症から重症の日本人潰瘍性大腸炎患者に対し、有効で忍容性に優れていることが、国内臨床試験PURSUIT-Jで明らかになった。

ゴリムマブ寛解維持治療は中等症から重症の日本人潰瘍性大腸炎患者に有効の画像

ログインして全文を読む