厚生労働省は7月1日、在宅酸素療法として酸素濃縮装置などを使用している患者が、喫煙などが原因と考えられる火災により死亡するなどの事故が繰り返し発生しているとして、在宅酸素療法における火気の取り扱いについて注意喚起した。

厚労省が在宅酸素療法の火気取り扱いで注意喚起の画像

ログインして全文を読む