任期満了に伴う日本医師会の会長選挙が6月25日、東京都文京区の日本医師会館で行われ、現職の横倉義武氏(71歳、福岡県医師会)が3選を果たした。記者会見に臨んだ横倉氏は英国のEU離脱に触れ、これを機に世界経済が混乱し日本経済への影響も避けられず、「社会保障の先行き不透明感が強まっている」との懸念を示した。その上で、財源不足から必要な医療を受けられないという事態に陥ることのないよう、政府に働き掛けていくなどと表明した。

英EU離脱で「社会保障に先行き不透明感」の画像

ログインして全文を読む