熊本地震後、2023人を対象に深部静脈血栓症(DVT)の検診を行った結果、9.1%に当たる185人にDVTが確認されたことが分かった。熊本地震血栓塞栓症予防プロジェクト(代表:熊本大学の掃本誠治氏)が6月14日、公表した。

熊本地震後、深部静脈血栓症が9.1%に確認の画像

ログインして全文を読む