治療不十分と考えられる血液培養陽性例へのICT(感染対策チーム)の介入が、患者の予後改善につながる可能性が示された。日本での抗菌薬使用量サーベイランスの構築を進めるなど、薬剤耐性問題の解決策を検討している三重大学医学部附属病院(三重県津市)薬剤部の村木優一氏らが取り組んでいるもので、同薬剤部の山崎大輔氏が第64回日本化学療法学会(6月9〜11日、神戸市開催)で発表した。

治療不十分な血液培養陽性例へのICT介入に効果の画像

ログインして全文を読む