愛媛大学は2016年6月14日、長崎大学、国立感染症研究所と共同で重症熱性血小板減少症候群(severe fever with thrombocytopenia syndrome: SFTS)患者を対象に富山化学工業の「アビガン錠」(ファビピラビル)を投与する臨床研究を開始すると発表した。

SFTSにアビガンを投与する臨床研究開始への画像

ログインして全文を読む