カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)の治療薬であるコリスチンの使用例で、使用後に耐性化したCRE症例が報告された。大阪市立大学附属病院感染症内科教授の掛屋弘氏らが、第64回日本化学療法学会(6月9〜11日、神戸市開催)で発表した。掛屋氏は、治療後にコリスチン耐性化した症例は、国内では極めて稀ではないかと話している。

コリスチン使用後に耐性化したCRE感染例の画像

ログインして全文を読む