日本医師会(日医)と四病院団体協議会(四病協)は6月7日に合同記者会見を開き、日本専門医機構と内科や外科などの基本領域の各学会に宛てた要望書の中で、新専門医制度をこのままスタートさせることに対する強い懸念を表明したと報告した。要望書では「地域医療崩壊を防ぐことを最優先し、一度立ち止まるべき」と制度開始の延期を提言し、各学会が実施している既存の専門医制度の継続を求めた。

日医と四病協、新専門医制度導入に「待った」の画像

ログインして全文を読む