昨年の4〜6月の3カ月間に、8人の心臓血管外科手術後死亡があった千葉市立海浜病院は5月末、日本心臓血管外科学会による調査報告書を公表した。報告書は「明らかな医療過誤と思われる事例はなかった」と結論したものの、リスク評価の甘さやインフォームド・コンセントの不徹底を指摘。さらに「少人数での緊急手術、ハイリスク手術には限界がある」と背景にマンパワー不足があったことにも言及し、病院全体の体制強化を求めた。

3カ月で8人死亡の背景にマンパワー不足の画像

ログインして全文を読む