東京医科大学病院(東京都新宿区)で今年4月、手術中に女性患者に掛けられていたドレープに火が付き、患者が熱傷を負う事故が起きていたことが6月1日までに分かった。手術ではレーザーメスを使用していた。警視庁は、業務上過失致傷容疑も視野に捜査を進めている。

術中にドレープに着火し30代女性患者が熱傷の画像

ログインして全文を読む