日本糖尿病学会と日本老年医学会の合同委員会は5月20日、京都で開催された第59回日本糖尿病学会年次学術集会で、「高齢者糖尿病の血糖コントロール目標(HbA1c値)」を発表した。2013年に「熊本宣言」として発表した、いわゆる「6・7・8方式」の血糖コントロール目標をベースにしつつ、より具体的に、認知機能やADL、併存疾患などで評価した患者の健康状態と使用薬剤の種類を加味して、きめ細かく目標値を設定したのが特徴だ。

高齢者糖尿病の血糖コントロール目標定まるの画像

ログインして全文を読む