厚生労働省は5月19日、第3回医療従事者の需給に関する検討会の中間取りまとめ案を提示し、医学部の暫定的な定員増は当面維持することなどについて構成員らからの合意を得た。この中で、今後は一定の規制を含めた医師偏在対策を行っていく方向で検討を深めることなどが確認された。

医師偏在対策で「自由開業・標榜の制限」検討への画像

ログインして全文を読む