政府は5月18日に、第9回目の経済財政諮問会議を開催し、「経済財政運営と改革の基本方針2016(仮称)」(骨太方針)の素案を提示した。素案では、医療に関する取り組みとして、「医療従事者の需給の見通し、地域偏在対策等について検討を進め、本年内に取りまとめを行う」「特に医師について、地域医療構想などを踏まえ、規制的手法も含めた地域偏在・診療科偏在対策を検討する」という方針を明示した。

医師の地域・診療科選択の規制、政府が検討への画像

ログインして全文を読む