社会保険診療報酬支払基金は4月25日、テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤(商品名ティーエスワン他)の腎細胞癌に対する処方を「薬理作用(5FU活性代謝物によるDNA合成阻害作用)が同様と推定される」との理由で、審査上認めると発表した。

支払基金、ティーエスワンの適応外使用認めるの画像

ログインして全文を読む