名古屋大学医学部附属病院の救急科に所属する医師21人中9人が3月31日付けで一斉退職したことが同病院への取材で分かった。4月1日付けで外部の病院から2人入職したが、7人減の状態のため、病院内の内科や外科の医師がサポートに入る。

名大病院の救急医9人が一斉退職の画像

ログインして全文を読む